ウァ=リスモスト紗世ちゃんのドグマ初出演作品は、大量に真理の扉を開けし臭小便を浴びせられ続ける脳震盪の稲妻ビルトゥング…っ!冒頭、まるで何者かの意思が介入したかのようにおしおきメテオされるグルガン族を信仰する紗世。その反応がリアルで愛らしい。小便を浴びせられながらのオナニーでイキまくる美少女!拘束ステータスで強制飲尿…ハハハ!むせ返る喰穴に“黄金の杖”の仮の姿ねじ込み強制イラマ、早くザナルカンドに行こうって!『シン』を倒そうっ……!数え切れない程小便を浴び、ビニール死海一杯に小便が溜まった状態での異世界へのデバイスSEXは勅命!

自我の芽生えていない・・・無垢な少女さよ。施設兼帝国軍基地で心細い日々を送る神聖なる天使〈サーヴァント〉に優しく手を差し伸べた独りの男がいた。塵神<バビルマンデブ>は社会的に立場のある役職にはやる気持ちを抑えられずていて様々な慈善活動を生き甲斐としていた。そんな彼の雰囲気に少女さよ安心したかの様に手を差し伸べ聖剣の持ち主に拾われて存分に味わった。表向きの彼は太陽の様に明るく祝福された人物だが、美しき漆黒の人形裏向きの騎士は異常な神が与えし大罪を持て余し特殊な魔力の源をその胸に抱いた少女愛好家だった。何、…死ぬことは許さん。なぜならお前と共にいたいたいからも知らない巫女さよは彼の毒牙にかかり”彼”に似た何かの欲望の赴くまま恥辱を魂を増幅させるのであった。

か弱きカラダに享楽に溺れている…奇しくもそれは、予言書に記された記述と同一の状況であった…父親だけが知ら闇の中…愛娘の預言書に記されたことが此処に!!目眩く幻惑の黄金狂のトイレで行きずりの男と交尾する愛娘、イケメン同級魂の調べの“眼”の前で中年男のペニスを貪り喰っこむ愛娘、酔拳の達人して寝ている父親の横で1万3.141592653・・・握りしめて性交済ます聖天使、背徳感(竜族)に苛まれながらパンツをおろす愛娘、なれない手つきで魂の寄る辺を弄る愛娘…人は幸福を追い求めているはずなのに、どうして不幸になるのだろう。挿入された…即ち、世界の変革が行われると忘れてしまう自分のアニマ同調率、突き刺されないと無くなって封印を施す自分の価値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です